焼酎は二日酔い、悪酔いしないって本当?その真相に迫ります。

お酒と二日酔い,切っても切れない関係の人も多いのでは?(笑)外飲みだと,ついつい調子に乗って飲みすぎることもありますよね。二日酔いの原因と対処法をお伝えします。

頭痛

焼酎は二日酔いしない!?

「焼酎を飲んでも二日酔いにならない。」とか「悪酔いしない。」と良く言われますが、本当はどうなのでしょう?結論を申しますと答えはNo!です、悪酔いもしますし二日酔いだって当然あります。ですが、悪酔いしにくい、二日酔いしにくいお酒であることは事実です。

アセトアルデヒド

アルコールは体内に入ると、肝臓のアルコール脱水素酵素の働きによりアセトアルデヒドという物質に変化します。頭痛や吐き気の原因となる有害物質です。

アセトアルデヒドは最終的に炭酸ガスと水に分解されますが、分解が追いつかないと悪酔い状態になり、翌日まで残った状態が二日酔いです。

アセトアルデヒドは、お酒の成分であるエチルアルコール(エタノール)を分解したときに発生する物質でありますから、どんなお酒を飲もうともその発生を避けることができません。

焼酎は蒸留酒

なぜ焼酎は二日酔いしにくいと言われるのでしょうか?蒸留してできた焼酎は99%以上が水とエチルアルコールによりできていて、1種類しかアルコールが存在しません。

原料を発酵させる日本酒やワインなどの醸造酒は複数のアルコールが生まれます。肝臓はあっちこっちのアルコールを分解しなくてはいけませんが、焼酎のような蒸留酒だと1つのアルコールをやっつければいいんです。このことが肝臓の作用に大きな影響を与えています。

分解

アセトアルデヒドの分解はアセトアルデヒド脱水素酵素が行ないます。醸造酒は複数のアルコールからそれぞれのアルデヒドが発生しますので「多極分散型」で処理されるため、分解のために長い時間が必要です。分解対象が1つしかない焼酎は「一極集中型」で分解されます。

分解

同じアルコール量の醸造酒と焼酎では、焼酎のほうが早く分解されアセトアルデヒドを消滅させることができます。なので、焼酎は【他の酒類に比べて】二日酔いや悪酔いしにくいお酒と言えます。

休肝日

お酒は適量を守って飲めば百薬の長と言われますが、肝機能には個人差がありストレスや疲れなどその日の体調も影響します。体内に残りにくいからといって量の多い飲酒は『過ぎたるは及ばざるが如し』。定期的な休肝日を設けるよう心掛けましょう。

スポンサーリンク
freak336




freak336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
freak336