薩摩切子の最大の魅力はカット面の色の【ぼかし】です。

色彩豊かな薩摩切子の色は全部で6色です。

薩摩切子(さつまきりこ)は、薩摩藩で幕末から明治初期にかけて生産されたガラス細工・カットグラス(切子)のことです。カットグラスとは彫刻や切込み細工を施した高級なガラス食器のことを言います。色も6種類あって,

  • 金赤
  • 島津紫

の6色です。

薩摩切子の歴史

薩摩切子の製造は、第10代薩摩藩主島津斉興によって始められ、篤姫の父として知られる第11代藩主島津斉彬が大規模な日本の近代化政策であった集成館事業の一環として推し進めました。

江戸から技師を呼び寄せるなどして、斉彬が藩主になるとカットの技法はもちろん、着色ガラスを完成させるなど飛躍的な発展を遂げました。

薩摩ビードロ

薩摩切子は薩摩ビードロとして名をはせますが、斉彬の急逝により事業は縮小、さらに薩英戦争で工場を焼失するという憂き目にあい、明治に入ったころにその文化や技術は途絶えてしまいました。

技術が途絶えてからおよそ100年後の1985年、各地のガラス職人や研究家たちの協力もあって薩摩ガラス工芸が設立され薩摩切子の復刻に成功しました。現在では、さらに繊細なカット技法や発色技術を向上させ、製造・製作に励まれているそうです。

ガラス

薩摩切子の魅力

薩摩切子の魅力はぼかしです。ぼかしとはだんだんと移り行く色の濃淡の変化であるグラデーションのことで、彫刻などの芸術品と言ってもいいくらいの美しさはを持っています。そこには圧倒的な存在感があります。

カットの多彩さも薩摩切子の魅力です。美しく細かい細工は見ているだけも楽しくなります。光の角度によっていろんな表情を見せる薩摩切子は、世界的な評価も高く鹿児島の伝統工芸品となっています。

扱いは丁寧に

薩摩切子は繊細な食器(ガラス器)で耐熱性の強化ガラスではありませんので、急激な温度変化は禁物です。こんな美しいグラスで焼酎を飲みたいのはやまやまですが、燗やお湯割りを飲むときは注意が必要です。

ロックで飲む場合は、氷を入れるときの衝撃で割れてしまわないようにそっと入れるようにしましょう。軽く冷やしたストレートや水割り、前割り(割り水)がおすすめです。高価な品物ですが、ぜひ手元に置きたい酒器ですね。

スポンサーリンク
freak336




freak336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
freak336