そらきゅうはソラっ!と注がれてキューっ!と飲み干す!

そらきゅう

変わった名前ですね!鹿児島地方など九州南部に伝わる酒器でお猪口の一種です。円すいを逆にしたこまのような形をしています。ソラっ!と注がれてキューっ!と飲み干すことからそらきゅうと言う名がついたそうです。

置けない

飲み干すのがミソなんです。焼酎が入ったまま置いてしまうと、先がとがっているので傾いてこぼれてしまいます。小さな穴があいているものあり、指でふさいでいないと流れ出てしまうものがあるとか(笑)

穴が空いていたり底がとがっているので、下に置けずひたすら飲まなくてはならないため、別名:飲んべえ杯とも呼ばれています。

さすが焼酎大国!お酒の弱い方は持たないように気をつけないと(笑)「そらぎゅう」と呼ばれることもあり、主に宴会用に使用されることが多いようです。

ひとり飲みでそらきゅうを使っても面白くないので、気の置けない人たちと飲むときに2つ3つ、いやそれ以上?持って飲むと楽しいお酒になりそうです。形が似ているからと言って独楽(こま)のようにして遊ばないように!割れますよ!(笑)

こま

スポンサーリンク
freak336




freak336




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
freak336