アジの南蛮漬けをあさイチ流で作ってみた!

2019年3月30日

スポンサーリンク

スーパーで特売してたので迷わず即買いです(笑)アジの南蛮漬けは1週間から10日は大丈夫なので暑い季節の常備食にもってこいですね。作り置きにピッタリです。

本日のメインは【アジの南蛮漬け】です。

アジの南蛮漬け

材料

アジの南蛮漬け(材料)
  • ゼンゴアジ(豆アジ):10尾
  • 玉ねぎ:1個
  • にんじん:1/2本
  • ピーマン:1個

南蛮酢(調味料)

  • 酢:1/2カップ
  • 水:1/4カップ
  • しょう油:大さじ1
  • 砂糖:大さじ2
  • 塩:小さじ2/3
  • 赤とうがらし:2本

作り方

  1. 野菜はすべて薄切り、千切りにする。
  2. アジは水洗いして水気を取って塩をふる。
水気を取る

(塩をふる前にしっかり水気を切ることが美味しく揚げるポイントです。お腹もていねいにふきましょう。)

3.容器に南蛮酢を作る。

4.アジに小麦粉をまぶす。

小麦粉をまぶす

(ビニール袋に小麦粉とアジを入れてふれば簡単です。半分ずつくらいで)

5.中低温(160度)でじっくり揚げる。

中温で揚げる

(7~8分かけてじっくり揚げます。)

6.揚がったものから南蛮酢に漬ける。

南蛮酢に漬ける

(油を軽く切って熱いうちに南蛮酢に漬けます。アジが容器いっぱいなったら野菜を入れます。とうがらしは中のタネを取ってください。)

できあがりです!

完成

(容器は耐熱ガラス製かホーロー製のものを準備しましょう。)

漬けたてを食べてもヨシ!2~3日おいてもヨシ!

アジの南蛮漬け

ちなみに上の写真は10日後です!十分おいしくいただきました。

わが家の南蛮漬け

わが家で南蛮漬けを作るときは南蛮酢を沸騰させます。こうすると酢が飛んでまろやかな味に仕上がります。砂糖や塩も完全に溶けるので味むらもありません。

ピクルスなどもそうですが、【酢漬け】を美味しく漬けるには食材と酢の温度差が重要です。この差が大きいほど美味しく漬かります。シロウ家流だと南蛮酢をしっかり冷ます必要があるので時間がかかるのが欠点です。

シロウ家の味の南蛮漬けはコチラから。
アジの南蛮漬けを骨まで食べて、スタミナとカルシウムを補給しよう!

シロウ家のピクルスはコチラから。
間違いない美味しさ!本格的なのに簡単な自家製ピクルス。常備菜に最適です。

あさイチ流の南蛮漬け

あさイチ流は南蛮酢に火を入れないので【酢が立った】感じです。酢がツンツンした方が好みの人もいらっしゃるでしょう。温度差の関係も、酢は冷蔵庫で保管しているでしょうから問題ないでしょう。

砂糖や塩は常温だと溶けにくいので、水の分量の一部と混ぜて電子レンジで加熱すると良いでしょう。

あさイチ流の野菜は生のままで漬けるので、できたばかりのときは結構固いです。かなり細めに切った方がいいと思います。にんじんは特に(笑)わが家では野菜も軽くゆでるか電子レンジで加熱します。

シロウ家 vs あさイチ

まろやか酢?ツンツン酢?あなたの好みはどちらですか?焼酎のアテならまろやか酢、ビールのアテならツンツン酢ですね!

今回のアジは大きめだったので中骨までは食べれませんでした。もっとちいさいと跡形もなくなるんですけどね(笑)

スポンサーリンク