豚のしょうが焼きは酒とごはんに良く合う!

2019年3月30日

スポンサーリンク

白いごはんにはもちろん、お酒とも相性バッチリなので家族に不満が出ない家庭料理の定番です(笑)

本日のメインは【豚のしょうが焼き】です。

豚のしょうが焼き

漬ける、漬けない?

しょうが焼きを作るとき、

  • しょう油(タレ)を漬け込んでから焼く。
  • 肉を焼いてから後でしょう油(タレ)からめる。

みなさんはどっちですか?わたしは【後から】派です。

メリット

【後から】派のメリットは豚肉もフライパンも焦げにくいことです。5枚くらいを一度に焼き終えるならいいでしょうが、しょう油をからめた豚肉を焼いていると、だんだんとフライパンが汚れてきますよね。

分けて焼いていると、おしまい近くはフライパンを洗わなくてはなりません。これってかなり面倒&ストレスです。後からタレをからめたら、手間いらずで焼けます。

時短

焦げを気にせず焼けるので時間も短くて済みます。あらまし肉を焼いておいて、タレをからめる仕上げの段階で完全に火を通せばよいので、焼けてるかなぁ??っていう心配もありませんね。

タレの分量(豚肉:300g)

  • しょう油:大さじ2
  • みりん:大さじ1
  • しょうが:2かけ(すりおろし)

いただきます!

豚のしょうが焼き

そんなこんなで焼きました!付け合わせのキャベツの千切りは鉄板ですねー、もちろんスライサーで(笑)トマトがあれば言うことなし!だな。甘辛のところにしょうがのスパイス、焼酎が良く合います。基本的にごはんが美味しいおかずは焼酎と相性が良いんです。

タモリ流

タモリ流の豚のしょうが焼きも【後タレ】です。焼く前の肉に小麦粉をまぶすそうです、今度やってみようかな!
一人暮らしなら極めたい!豚のしょうが焼きのレシピ

本日のサイドメニュー

ほうれん草の白和え

ほうれん草の白和え

【ねりごま】があったのでコクが出て上品に仕上がりました。ないときは、ごまを「これでもかっ!」というくらい、ゴマ油が採れるんじゃないか?っていうくらいすり鉢でするのですが、ねりごまにはかないません(笑)

こんにゃくを細く切ったものを入れてボリュームアップ!味の濃い豚のしょうが焼きの【箸休め】にはピッタリでした。豆腐の水切りもしっかりできてたので合格です(笑)

和え衣の味付け(豆腐:1丁)

  • ねりごま:小さじ2
  • 白味噌:小さじ2
  • しょう油:小さじ1
  • 塩:小さじ1/4~1/6
ほうれん草の白和え

おまけ

ほうれん草の根元に切れ目を入れてしっかり洗えば、ヘルシーなおつまみの!

ほうれん草の根っこ

ちょっと、しんきくさいかな(笑)

ほうれん草の下ごしらえ、ゆで方はこちらから。
手間を惜しまないきめ細かい白和えは口当たりが最高です。

ほうれん草アラカルトはこちらから。
インフルエンザを吹き飛ばせ!ほうれん草で強い体を作ろう!

本日の参考書

定番料理が多く、初心者には教科書代わりに最適です。ベテランさんも目からうろこが落ちるかも??

スポンサーリンク