黒鯛は広島ではチヌと呼びます。自分でさばくと美味いね!

2019年3月29日

スポンサーリンク

大きなチヌをいただきました!天然で新鮮なのでもちろんお刺身ですね!

本日のメインは【チヌのお刺身】です。

チヌ(刺身)

河口で釣れるものは泥臭さがありますが,海で釣れたものなので臭みもなく美味しくいただきました。鯛には変わりないのでプリプリの白身の歯ごたえが楽しめましたよ!

チヌ

チヌとは黒鯛(クロダイ)の別名です。ホント,黒光りしてる鯛ですよ!

三枚おろし

お刺身にするには三枚におろします。うろこ取りとわた(内臓)出しはしてくれてたので手間が省けました(笑)なので,ザッと水洗いして頭を落とします。

チヌ(頭)

腹びれの根元と胸ひれの根元を結ぶラインで切り落とします。両面から包丁を入れたら,中骨の太いところはトントンと包丁を叩いて切り離します。続いて,お腹と背中から包丁を入れて身と中骨に分けます。

チヌ(三枚)

三枚におろせました。

柵取り

三枚におろしたら,

  1. 腹骨をそぎ落とし背中とお腹とに身を分ける。
  2. 中骨の小骨を取る。
  3. 皮をひく。

柵取り完了です。写真を撮ったつもりが撮れてなかったです,残念。柵を好みの厚さに切っていただきます!

チヌ(刺身)

おまけ

ちっこいアジも居たので刺身にしました(笑)1尾だけだったのでね。

アジ(三枚)
アジ(刺身)

量はちょっぴり。でも,美味しかった!

スポンサーリンク