焼酎とカレーの美味しい関係!隠し味を当てられるかな??

2019年3月30日

スポンサーリンク

カレーでお酒を飲むって人、いらっしゃいますか??

ハイっ!私、飲みます!

カレーってガツガツと食べるイメージなんですが、そこをね、ゆっくりとね、食べるんですよ!隠し味などお好みでアレンジして「食べる」んじゃなくて味わうんですよ。市販のルーを使っても味わい深いものになりますよ!

本日のメインは【カレー】です。

カレー

カレーとお酒の関係

カレーに含まれるターメリックウコンの英語名なんです。ウコンといえば、二日酔いに良く効くことで知られていますよね。なので、カレーとならいつもより多く飲んでも・・・?(笑

カレーの隠し味

にんにく

コレ、定番ですよね。にんにくじゃなくてガーリックと言えばピンとくると思います。本場のインドカレーのイメージが湧いてきませんか?すりおろしを入れるとカレーと良くなじみます。

にんにく

photo credit: Dorli Photography via photopin cc

ヨーグルト

ヨーグルトは手羽元を使ったチキンカレーやタンドリーチキンの漬けダレとして良く使われます。カレーとの相性は良く、さわやかでさっぱりした味に仕上がります。

ウスターソース

コレも定番ですね。調理中に入れなくてカレーにかけて食べるのが一般的な時代もありました。美味しくないカレーを作る方が難しいかも知れませんが、ウスターソースでごまかすパターンもありですね(笑

ウスターソース

photo credit: NOWCastSA via photopin cc

濃厚ソース

広島人の私はコレですねっ!オタフクさんのお好みソースです。コクが出てまろやかになるし、辛さがおさえられてマイルドな味になります。入れ過ぎると甘くなるのでほどほどに。

素材の味を楽しもう!

カレー肉

牛肉、豚肉、鶏肉、合びき肉、カレーはどれを使っても美味しいと思います。肉そのものを味わうとしたら薄切りや細切れなどより、角切りやぶつ切りなど、ある程度の大きさがあるものが良いでしょう。

カレーを作るとき、まずは肉を炒めると思いますが、このときに赤ワインを振りかけるとコクがでて旨味が増します。また、アルコールの成分で肉が柔らかくなる利点があります。

カレーの野菜

玉ねぎ、にんじん、じゃがいもはオーソドックスな3強でしょう!(笑

夏野菜カレーではナスやトマトにズッキーニ!オクラやパプリカなど彩り豊かなカラフルカレーもいいですね。ほうれん草やゴーヤが入った【なんちゃってグリーン】カレーもGood!

【カレーライス】にとらわれず、カレー風味の野菜を食べる感覚だと思えば、お酒も美味しく飲めるのではないでしょうか?

焼酎とカレー

ゆっくり味わおう。

カレーの具をひとつひとつゆっくり味わってみましょう。肉の旨味、野菜の甘み、そしてスパイシーなカレー。それぞれの個性と焼酎を合せてみましょう。

カレーの辛みと焼酎って意外とマッチします。やはり、味が濃かったりインパクトが強いものと焼酎は良く合います。そこへ肉や野菜の優しい旨味が入ってくる感じってイイと思いますよ。

食事って、ただ単に食べるだけじゃなくて、調理することで素材を手に取ったり、でき上がるまでの過程を知ることで、より一層おいしく感じられるのではないでしょうか?

もっとカレーを楽しもう!

エスニックカレー

photo credit: lotusutol via photopin cc

本日の焼酎

スポンサーリンク