エビチリは卵白でふっくら仕上げる!中華料理は段取りが勝負!

2019年3月30日

スポンサーリンク

エビチリの「素」なんて売ってますが、手間を惜しまなければ、めちゃめちゃ美味しいエビチリが作れますよ。準備が大変ですけど、やる価値は有ります!

本日のメインは【エビチリ】です。

エビチリ

エビチリは本来「エビのチリソース」と呼ばれるの料理です。「エビチリ」だと庶民的で、「エビのチリソース」だと高級感が出ますね。お店で頼むのは簡単ですが、実際に作るとなるとちょっと面倒です。

中華の基本

中華は段取りが命です。

エビチリに限った事じゃありませんが、中華料理がうまくできるかできないかは、準備がすべてと言っても過言ではありません。強火で一気に仕上げる中華は段取りが命です!

ポイントを表現する女性

エビチリを作ろう!(エビ:10~12尾)

薬味の準備

ショウガ(1かけ)、にんにく(1かけ)をみじん切りにします。ショウガの1かけは、だいたい親指の指先から第1関節までの大きさです。仕上げに使う長ネギのみじん切りを用意します。(10cmくらい)

合わせ調味料の準備

混ぜ合わせるとき、こぼれないよう大きめのボウルを用意してください。

  • しょう油:大さじ1
  • ケチャップ:大さじ3
  • 砂糖:大さじ1
  • ガラスープの素:小さじ1
  • 酒:大さじ1
  • 塩:小さじ1/4
  • 水:50ml

を、ボウルの中でしっかり混ぜます。

エビの下ごしらえ

この作業が一番大変でしょう、これをクリアすればできたも同然です!エビの皮をむき、背ワタを取って、水洗いします。キッチンペーパーなどで水けをふき取り、酒と片栗粉を入れます。

ふつうはこれでエビの下ごしらえは終わりですが、もうひと手間、隠し技を加えましょう!それは、、、【卵白】をからめましょう!

大きめのざるにエビをならべて、やかんのお湯をかけてもOKです。これにより、エビがコーティングされてプリップリのエビチリになるんです。プリップリですよ!残った卵黄??たまごかけごはんで食べてください!(笑

これでほとんどの下準備は完了です、がんばって作りましょう!

応援する女性

エビチリを仕上げよう。

まずはエビから

フライパンにサラダ油を入れてエビを炒めます。卵白がエビの旨味を閉じ込めてくれます。8割くらい火が入れば、いったんフライパンから取り出します。「通」はこの際、さっと油通しをします。

ただ単に焼くのではなく、少し多めの油で揚げる感じです。大きめのざるにエビを並べて、やかんのお湯をかけて湯通しでもOKです。この手順のときも、エビには8割くらい火を入れます。

薬味を炒めてソースを作る

にんにく、しょうがに豆板醤を加えて、サラダ油を熱しじっくり炒めます。油に香りが移ったら合わせ調味料を投入します。ふつふつと泡立ち始めたら、エビを戻します。

続いてねぎをいれて、エビがチリソースにからむように大きく混ぜます。最後の仕上げにごま油をたらし水溶き片栗粉(水;小さじ1+片栗粉:小さじ1/2)を入れて仕上がりです!

焼酎とエビチリ

焼酎とエビ

エビの旨味、ふっくらした甘みというのでしょうか?下ごしらえで臭みを抜いているので芋焼酎(燗)のふくよかな甘みとふんわりしたエビの甘味が良く合います。後からくるピリッとした辛みも、まったりした焼酎がやわらげてくれます。

焼酎とチリソース

ソースとの相性もバッチリです!「みそ」のようにチリソースをつまみにしてもとても美味しいです。もちろん辛いですが、軽くねぎの香味もあって焼酎がすすみます。エビの甘み、ソースの辛み、そして焼酎の甘みの三者がバランス良くまとまった組み合わせです!

マルを表現する女性

【本日の焼酎】

スポンサーリンク