天然ハマチを刺身とアラ煮としゃぶしゃぶで食す!

2019年3月30日

スポンサーリンク

釣りたてのハマチをいただきました!天然中の天然!まさに純正のハマチです。魚をさばくのは初めてではありませんが、そうそうあるもんじゃないです。しかもハマチなんてっ!素人がネットの情報や動画などを参考におろしてみましたよ!

本日のメインは【ハマチ】です。

ハマチの刺身

【純天然】のハマチ

半身と言えど、この大きさです!

ハマチのさく

ちなみに、まな板の長い方は約35cmです。画像は半身の半分、これ以外に腹の部分があります!かなり大きく厚みも一番太いところで3cmはあったと思います。

背の部分と腹の部分を切り分けるとき、皮が厚く新鮮でしっかりしてたので堅いのなんのって。何度も何度も包丁を往復させましたよ。

きちんと活〆なり血抜きなどしていたんだと思います。こういうプロ並みの技を持っている人、尊敬します!しかし、良い包丁を買わないとな(笑

ハマチとブリ

ブリは【出世魚】と呼ばれる成長過程で名前が変わる魚でです。

  • 一番小さい稚魚:モジャコ
  • 20㎝~40cm:ワカシ
  • 40㎝~80㎝:ハマチ
  • 80㎝超:ブリ

想像するに、このハマチは体長:50~55cmといったところでしょうか?

ハマチ三昧

お刺身

活きのよい魚をもらったら、まずは刺身でしょう!生は苦手、、、という人もいらっしゃると思いますが生魚は日本食の文化です、ホント日本人でよかった(笑

料理屋さんやお店で売ってるように、キレイに切ったり盛ったりできませんがせっかくなので、かなり分厚く切りました(笑)まぁ、薄く切っちゃうと身が崩れてしまいそうだったし。

脂も乗って新鮮でコリコリとした歯ごたえもしっかり!噛みきれない、噛み砕けないほど身が締まってました。ちょっと厚く切り過ぎた感じです(笑

これに関しては、お店じゃ味わえない贅沢です!

アラ煮

ハマチのアラ煮

アラも「これでもかっ!?」っていうくらいありました。アラ煮は身が崩れやすく調理が難しいですね。うろこがついているときもあるので、下ごしらえが大変です。

しかし、ダシが良く出て美味しいですよね、アラ煮は!骨が多く食べ疲れてしまいますが、こっくりとした甘辛さと身の淡白さが焼酎に良く合います。

お腹もそんなにふくれてこないので、酒の肴にはバッチリですね!写真はちょっとグロテスクでスミマセン。。。撮り方の勉強しないとなぁ。

ハマしゃぶ

ハマチのしゃぶしゃぶ


「ブリしゃぶ」とはいきませんが、お腹の部分を軽く冷凍してなるべく薄切りにしました。完全に火が通らなくても大丈夫!かなりの贅沢ですね。

しゃぶしゃぶのあと、〆で雑炊をしましたけどハマチのダシがしっかり効いてて、これまた美味かったぁ~!ホント、堪能しました!

ハマチの脂と焼酎は良く合う。

新鮮な魚はどんなお酒も拒まない。

活きの良い魚は焼酎に限らず、どんなお酒でも美味しい!正直、ハマチの鮮度に圧倒されたっていう感じでしょうか。でも、ハマチの脂はとろけるようで焼酎とも良く合います。

刺身はしっかり噛むことで甘みや旨味が出て、焼酎の美味しさを引き立ててくれます。アラ煮は日本人好みの味、甘辛しょう油は焼酎とバッチリ!

しゃぶしゃぶは、キレのあるロックが良いかと思います。しっかり冷やした生【き】(ストレート)を、ちびりちびりやるのも乙でしょう!

本日の焼酎:吹上

スポンサーリンク