広島つけ麺!オリジナルの味を求めて試行錯誤してます。

2019年3月30日

スポンサーリンク

時間はかかるけど手間はかかりません!思ったほどは(笑)

本日のメインは【広島つけ麺】です。

広島つけ麺

材料

広島つけ麺(材料)
  • 豚肉(塊):500g
  • 長ねぎ:1本
  • にんにく:2かけ
  • しょうが:2かけ

調味料(つけ汁)

  • しょう油:100ml
  • 酒:100ml
  • 砂糖(あれば、はちみつ):大さじ2
  • 水:500ml
  • 酢:大さじ2(煮豚ができてから入れます。)

コチラでもレシピを公開中です。
【コレが広島つけ麺だっ!美味しさの秘密はつけダレの【お酢】です。】
理想の味を求めて試行錯誤中です!

つけ麺の作り方

煮豚(チャーシュー)の下ごしらえ

  1. 豚肉に塩(小さじ1)をすり込む。
  2. タコ糸でしばる。
タコ糸でしばる

タコ糸のしばり方はコチラを参考にしてください。
ブロック肉のしばり方

3.豚肉の水分をふき取りフライパンで表面を焼く。

豚肉に焼き色をつける

塩をもみこんでいるので時間が経つと水分が出てきます。その水分をキッチンペーパーでふき取り旨味を閉じ込めるため表面を焼きます。

煮豚(チャーシュー)を煮込む

  1. 焼き色をつけた豚肉を鍋に移し、調味料の材料をすべて入れる。
煮る前

2.中火にかけ沸騰したらアクを取る。

アク取り

3.ふたをして弱火で1時間煮込む。

4.タコ糸をほどきスライスする。

煮豚(完成)

かっちりした直方体でなかったのできれいに切れませんでした(笑)なんかボロボロだ(泣)

野菜と中華麺をゆでる

  • キャベツ:1/4
  • もやし:1袋
  • 中華麺(生麺):5食分
  1. 鍋にたっぷりのお湯を沸かす。
  2. もやしを水にさらす。(くさみが取れます。)
  3. 沸騰したらもやしを入れ、【かすあげ】を使って1分で引き上げる。
  4. 水にさらして水気をしぼる。
  5. 続いてキャベツを入れ、【かすあげ】を使って2分で引き上げる。
  6. これも水にさらして水気をしぼる。
  7. 最後に中華麺を袋の表示通りゆでる。
  8. ゆで上がったらざるにとり冷水でしめる。

【かすあげ】で同じ鍋とお湯を使い回せて水道代、ガス代、時間の節約ができます!

盛り付け

長ねぎは白髪ねぎに、中心の部分は小口切りにします。

広島つけ麺

大皿に煮豚と野菜を盛り付けます。食材1種類をまとめずに、もやし・キャベツ・豚肉のように交互に並べておくとテーブルのどこからでも取りやすくなります。

煮汁(つけ汁)は、酢:大さじ2を入れ再沸騰させて仕上げます。時間があれば冷蔵庫で冷やし浮いてきた油を取り除くとさっぱりと食べられます。

つけ汁の油

すりごまと好みの辛さでラー油を入れていただきます!

広島つけ麺

チャーシューに使った豚肉

今回使った豚肉は【肩かたまり】です。肩ロースがジューシーで良いのですが、ちょっと高いのでね(笑)安いお肉でもどうなのかな?という検証も兼ねました。多少パサつく感じはありますが、ほど良く脂もあって美味しかったですよ!

肩、アリ!です。

スポンサーリンク