失敗しないホイコーロー(回鍋肉)!豚肉とキャベツを下ゆですれば問題解決!

2019年3月30日

スポンサーリンク

ホイコーロー(回鍋肉)は、疲労回復に効果的な【ビタミンB1】を豊富に含んだ豚肉とキャベツやピーマンをいっしょに炒め合わせた甘辛い中華料理です。細かく分けると四川料理に入ります。

一見,簡単そうですが豚肉とキャベツのかたさ(やわらかさ)の違いや,調味料が均一にまわらないなど,意外と仕上がりが難しい料理です。解決策は豚肉もキャベツも下ゆでしておくこと!これでバランスが整ったホイコーローの出来上がりです。

ホイコーロー(回鍋肉)

ホイコーロー(回鍋肉)

オーソドックスな作り方や使う食材がありますが、アレンジがいろいろときく家庭料理です。豚肉を厚揚げに代えても美味しいですし、ネギを加えるともっと風味が出ます。

ホイコーロー(回鍋肉)を美味しく仕上げるコツ

キャベツ

炒める前に下ゆでします!

キャベツはゆでると甘みが増して、炒めるときに合わせ調味料がからみやすくなります。【カサ】も少なくなって、フライパンからこぼれおちる心配もありません。洗う手間も省けます(笑

キャベツ

ゆでる時間はさっと熱湯にくぐらせる程度で、だいたい10~15秒が目安です。電子レンジで加熱してもOKです、この場合は1分程度です。粗熱が取れたら、しっかりと水切りします。ピーマンを入れる場合は、キャベツといっしょに下ゆでします。

豚肉

キャベツ同様、

炒める前に下ゆでします!

色が変わる程度湯通しします。アクも取れてふっくら仕上がります。下ゆでしておくと、炒めるときに肉同士がくっついたままになることがなく、見た目も美味しそうに出来上がります。完全に火を通す必要はありません、臭みやアクが取れればOKです。

にんにく

にんにくはつぶします!

中華に欠かせないにんにくはここでも登場です。香りを良く出るように包丁の根元で押しつぶすように砕きます。食べるときは取り除くので小さくし過ぎるとあとが面倒ですので、スライスよりたたいた方が良いです。

ホイコーロー(回鍋肉)を仕上げる。

材料(4人分)

  • 豚肉(バラ or ロース):400g
  • キャベツ:1/2個
  • ピーマン:2個
  • にんにく:1かけ
  • 豆板醤:小さじ2
  • サラダ油:大さじ2

<合わせ調味料>

  • 甜麺醤:大さじ2
  • 酒(あれば紹興酒):大さじ1
  • しょう油:大さじ2
  • 酢:小さじ1

手早く仕上げる。

  1. サラダ油を熱しにんにくを炒める。
  2. にんにくの香りがたったら、合わせ調味料を炒める。
  3. 中火で煮立たせて、ふつふつと泡が立ったら豚肉を入れる。
  4. 豚肉に合わせ調味料が回ったら、キャベツとピーマンを入れる。
  5. 全体に合わせ調味料がからんだら、塩をひとつかみ振って完成!

アレンジしよう!

【豆板醤+甜麺醤】を韓国味噌のコチュジャンに代えたり、豚肉を鶏もも肉に代えたりとアレンジも楽しめる一品です。もちろん、日本の味噌を使って炒めても美味しいでしょう!

つまり、味噌ならなんでも合います!(笑

焼酎とホイコーロー(回鍋肉)

甘辛味噌が焼酎に良く合います。

深いコクが特徴の甜麺醤(テンメンジャン)の風味は焼酎との相性はバッチリです。コッテリした脂っぽさをサッパリさせてくれるので、食事もお酒も調子よく進みます(笑

食材の甘さと焼酎も相性良し!

豚肉やキャベツの甘さを味わいながら飲む焼酎も乙なものです。どちらもかめばかむほど甘さが感じられる食材ですので、食中酒として美味しい焼酎はうってつけのお酒です。

本日の焼酎

愛用している中華の料理本

スポンサーリンク