白和えは手間を惜します裏ごしで!きめ細かく口当たりが最高です。

2019年3月30日

スポンサーリンク

冷や奴でも十分に美味しい豆腐ですが、時間があれば【白和え】で食べたいですね。小さいころは食感が好きじゃなかったけど、大人の今は大好きです(笑)お酒のおつまみにも最高です。

本日のおつまみは【ほうれん草の白和え】です。

ほうれん草の白和え

【白和え】は水切りした豆腐に味を付けて野菜をいっしょに和えた料理です。今回は基本の基本、ほうれん草だけを使ったシンプルな白和えです。シンプルだからこそ手抜きがバレる一品です。なかなか手ごわいよ!

材料

  • 豆腐(もめん):1丁
  • ほうれん草:1束
  • 白ごま:大さじ2
  • 白味噌:大さじ1
  • しょう油:大さじ1/2
  • 砂糖:大さじ1/2
  • 麺つゆ:大さじ1/2

豆腐の水切り

豆腐の水切りをしっかりしておくことが美味しい白和えのポイントです。

ざるに豆腐を乗せる

水切り(ざるの乗せる)

ざるの中に豆腐を置いて「水受け」のボウルの上に乗せます。受けのボウルには裏ごしした豆腐が入るので、写真のものよりもう少し大きめがよいです。

というのは、ざるに対してボウルが小さいと裏ごしするときに豆腐がこぼれ落ちるからです。今回、こぼれ落ちないように気をつけるのが大変でした(笑)

豆腐に重しを乗せる

水切り(重し)

4つ折りしたキッチンペーパーを豆腐にかけ、その上にガラス製のボウルを乗せます。ステンレス製のものを使うなら中に水を張って重くします。この状態で30分置けばきちんと水切りできます。

豆腐の裏ごし

豆腐の裏ごし

豆腐の水切りができたら裏ごしします。ていねいに細かくする方法もありますが、裏ごししたらとてもなめらかになって口当たりも良くなります。ぜひ手間をかけてください。

ざるを受けたボウルの水を捨てて、スプーンやしゃもじを使って裏ごしします。木製の調理器具の方が和風の雰囲気が出ますね(笑)

裏ごしするとこんな感じです。おからのようにも見えます。

裏ごしした豆腐

ほうれん草をゆでる

豆腐の和え衣に入れるほうれん草をゆでます。

十文字の切り込み

ほうれん草の切り込み

ほうれん草を洗う前に十文字の切り込みを根元に入れます。こうすることで土をきれいに洗い流すことができ、根元までしっかり食べられます。捨てる部分も少なくなって環境にやさしいエコな調理法です。

ほうれん草をつかんでいる手を切らないよう、慎重に包丁を入れてください。

ほうれん草の根元を洗う

ため水を使ってしっかり洗います。

ゆで方

美味しくゆでるコツは、根元と葉を時間差でゆでることです。沸騰したお湯にひとつまみの塩を入れて再沸騰したら根元だけを30秒ゆでます。熱いので注意してください。

30秒たったら全体をお湯につけます。しんなりしたら菜ばしでひっくり返します。20cmくらい雪平鍋だとまごまごしちゃって思うようにいかないので、ひっくり返したくらいでゆで上がると思います(笑)

目安としては根元:30秒、全体:60秒、合計:90秒ってところです。

ゆでたほうれん草は水に取ります。よく水気を切って3cm幅に切り【麺つゆ】にひたして下味をつけます。

和え衣に味をつける

水切りして裏ごしした豆腐に味付けをします。

白ごまをする

白ごまをする

白ごまをすります。粒がなくなるまでしっかりすります。しっかりやると少し粘りが出てきます。

白味噌を入れる

白味噌を入れる

ごまをすったらすり鉢の中に白味噌を入れます。しっかりと混ざったらしょう油:大さじ1/2と砂糖:大さじ1/2を加えます。

白和えを仕上げる

ほうれん草の白和え

ほうれん草と和え衣をいっしょに混ぜて完成です。しっかり水切りして裏ごしした豆腐は口の中でとろけますよ。砂糖と味噌が入ってちょっと甘めも乙なものです。日本酒や焼酎とも良く合います。

ほうれん草のほか、にんじん、しめじ、こんにゃくいれると彩りやボリュームアップします。時間と手間をかけて美味しい白和えを作ってください!

※豆腐1丁に対し、ほうれん草1束は多かった(笑)1/2束でイイと思います!

まとめ

  • 豆腐の水切りはしっかりと!
  • 裏ごしは必須!
  • ほうれん草は根元に切れ目を入れて洗う。

スポンサーリンク