失敗しないから揚げ!低温と高温で二度揚げすれば完璧です!

2019年3月29日

スポンサーリンク

基本は二度揚げ!心に余裕を持って揚げると美味しく仕上がります!

本日のメインは【鶏のから揚げ】です。

鶏のから揚げ(もも)

このブログに何度も登場している鶏のから揚げです(笑)下味、粉の選択と分量、揚げ方、どれをとっても美味さを追求したくなります。

もも肉とむね肉

もも肉とむね肉

もも肉はしょう油ベース、むね肉は塩ベースのダブルから揚げです!写真左はもも肉、右側がむね肉です。

  • しょう油:大さじ2
  • 酒:大さじ1
  • ねぎ(青い部分):1本分
  • にんにく:1~2かけ

お酒は紹興酒を使うと風味がグッと良くなります!漬け込み時間は20分が目安です。

紹興酒
  • 酒:小さじ2

(さっぱり仕上げたいので紹興酒じゃない方がいいです。)

  • 塩こしょう:適量
  • こんぶ茶(粉末):1袋

こんぶ茶がイイ仕事するんです!わが家では隠し味にも良く使います。

こんぶ茶

揚げ方

二度揚げすると、外はパリパリ!中はジューシー!なから揚げのできあがりです。揚げる手順は

  1. 中温(160度)で4分
  2. 休憩:4分
  3. 高温(180度)で1分

低温で揚げた鶏肉をいったん取り出して休ませます。休ませている間にじんわり火を通します。仕上げに高温でパリッとさせてできあがりです!(下の写真はもも肉、片栗粉で揚げています。)

から揚げ(もも肉)

むね肉バージョンはこちら!粉はコーンスターチを使います。色づきが良くなります!

から揚げ(むね肉)

まとめ

  • 二度揚げする。

(外はカリカリ!中はジューシー!)

  • 紹興酒を使う。

(風味がアップします。)

  • こんぶ茶を使う。(むね肉)

(ほど良い塩加減が美味しい!)

  • コーンスターチを使う。(むね肉)

(色づきが良くなります。)

スポンサーリンク