新鮮な小イワシは刺身でも揚げても美味い!広島に生まれ育ってよかった!

2019年3月30日

スポンサーリンク

子どものころはあまり好きではなかったんですけど、大人になって、酒を飲むようになってその美味しさが分かり始めました。今は広島に生まれ育って本当によかったと思っています(笑)

本日のメインは【小いわし】です。

小いわしの刺身

夫婦二人して広島生まれの広島育ち、とくに嫁さんは広島かきの【かき打ち場】の近くでした。とにかく、瀬戸内の新鮮な小魚に目がありません(笑)

小いわしの刺身

新鮮な魚はやっぱり刺身!小いわしも同じです、しょうがじょう油で食べると絶品ですよ!ホント美味しいです。刺身は【手開き】でさばきます。

(爪を使って削り取る感じです。)

  • お腹から開いて二枚にする。
  • 中骨を取って三枚にする。

三枚におろしたら新しい水で何度も洗います。【七度洗えば鯛の味】と言われています。身が引き締まってくさみも取れます。

コチラもご参考に!
七度洗えば鯛の味!小いわしの刺身を美味しくする秘密とは?
広島に来たら小いわしは外せない!刺身と天ぷらが最高に美味しい!

小いわしの梅衣和え

小いわしの梅衣和え

いわし料理に【いわしの梅しょうが煮】があるように、いわしと梅は相性がよいです。薄く粉をつけたいわしを揚げてアツアツをすぐに梅衣に和えます。【嫁レシピ】です。

  • 梅干し(つぶれ梅):2個
  • しょう油:大さじ1★
  • 酢:大さじ1/2★
  • 砂糖:大さじ1★

梅を包丁でたたいたものと★印の調味料をボウルに入れてよく混ぜます。

1.小いわしに片栗粉をまぶします。

小いわし(片栗粉)

2.中温~高温(170度)でカラリと揚げます。

小いわし(揚げる)

(刺身でさばいたときの中骨も揚げますよ!カリっとして美味しいです。カルシウム、カルシウム!)

3.揚げたいわしを梅衣とあわせます。

小いわし(からめる)

4.仕上げにかつおぶしをまぶします。

小いわし(かつおぶし)

器に盛っていただきます!

小いわしの梅衣和え

本日のおつまみは【チーザ:カマンベールはちみつ仕立て】です。

チーザ(カマンベールはちみつ仕立て)

ディスカウントスーパーで88円(税抜き)だったので思わず買っちゃいました!味はどうかというと【ホットケーキ】?な印象です。はちみつというよりメープルシロップみたいだなぁと思いました。

意見は分かれると思いますが、お酒に合せるならウイスキーかブランデーってところでしょうね。

本日のごはんのおともは【セロリの葉っぱの佃煮】です。

セロリの葉っぱの佃煮

セロリの葉っぱを捨てるなんてもったいないですよ!佃煮にしちゃいましょう。老化防止やがんの発生を抑制する薬効成分が含まれていて、ツンとした香りはリラックス効果もあるんですよ。

コチラもご参考に!
ちょっと待って!捨てないで!セロリの葉っぱは栄養の宝庫です。

1.ざっくり切って

セロリの葉っぱ

2.さっとゆでて(1分)

セロリの葉っぱ(ゆでる)

3.細かく刻んで

セロリの葉っぱ(刻む)

4.しょう油(小さじ2)と砂糖(小さじ2)で煮詰めて

セロリの葉っぱ(煮詰める)

5.ごまを振ってできあがり!

セロリの葉っぱの佃煮

簡単です!

まとめ

  • 小いわし料理は広島の郷土料理である。
  • 小いわしの刺身は洗うほどに美味くなる。
  • 小いわしの刺身はしょうがじょう油が鉄板である。
  • いわしと梅は相性がよい。

スポンサーリンク