黒豆と栗きんとんをマスターせよ!子どもにおせちを食べさせよう!

2019年3月29日

スポンサーリンク

子どもだとなかなか食べたがらないおせちでも、甘い黒豆や栗きんとんならよろこんで食べるかもっ!?ちょっとでもいいので手作りして若い世代に日本文化を伝えましょう!

本日のメインその1は【黒豆煮】です。

黒豆煮

黒豆は【マメに暮らし無病息災】を願います。

材料

  • 黒豆:250g
  • 砂糖(上白糖):200g(1.5カップ強)

(※1カップで120gです。)

  • 水:6カップ
  • しょう油:大さじ2

作り方

  1. 黒豆をたっぷりの水に一晩つける。
黒豆(水につける)
  1. 皮が裂けているものはよけておく。
黒豆(皮が裂けている)


(一晩たったらざるに上げます。)

  1. 鍋に水と砂糖を入れて中火にかける。
黒豆(砂糖)


(ここで砂糖を完全に溶かします。)

  1. 砂糖が溶けたら黒豆としょう油を入れて煮る。
黒豆(アク)


(白い泡のようなアクが出るのでていねいにとります。)

  1. アクをとったらキッチンペーパーを落とし蓋の代わりにかぶせる。
黒豆(キッチンペーパー)


(キッチンペーパーはぬらして軽くしぼって広げます。)

  1. 鍋に蓋をして弱火で煮る。

(一般的なつくり方は3~4時間弱火でコトコト煮ますが、ガス代がもったいないので【15分煮る → 30分放置】を4セット繰り返します。)

  1. できあがり!
黒豆煮


重曹も釘を使わなくてもふっくらツヤのある黒豆煮ができます。

本日のメインその2は【栗きんとん】です。

栗きんとん

栗きんとんは【金運】を願います。

材料

  • さつまいも:2~3本
  • 栗の甘露煮:1ビン
  • 砂糖:80g(2/3カップ)

(※1カップで120gです。)

  • 水:60ml
  • くちなしの実:1個

作り方

  1. さつまいもを輪切りにして皮をむく。
栗きんとん(皮をむく)


(皮は厚めにむきます。)

  1. 水にさらしてアクを抜く。
栗きんとん(アク抜き)


(30分さらします。)

  1. くちなしの実をつぶす。
くちなしの実


(お茶パックに入れて木ベラでつぶすとかすが飛び散りません。)

  1. かぶるくらい水とくちなしの実を入れて10分煮る。
栗きんとん(煮る)
  1. やわらかくなったらお湯を切ってさつまいもをつぶす。
さつまいも(つぶす)
  1. 水、砂糖、甘露煮のシロップ(100ml)を入れて強火にかける。
栗きんとん(かきまぜる)
  1. 小さな泡が出てきたら中火に落とし、しっかりかき混ぜるように煮る。
栗きんとん(もっちり)
  1. かき混ぜるとき鍋底が見えるくらいもっちりしてきたら、栗の甘露煮をいれてできあがり!
栗きんとん


裏ごしなしの簡単調理法ですが手作り感満載です!(笑)

まとめ

  • 黒豆は【二重のふた】でしわができずふっくら仕上がる。
  • さつまいもを熱いうちにしっかりつぶせば、裏ごし要らずでなめらかに仕上がる。
壱の重

わが家の【壱の重】を飾った黒豆と栗きんとんのご紹介でした!(笑)

スポンサーリンク