レタス1玉をしっかり食べ切るコツは加熱することです!

2019年3月30日

スポンサーリンク

βーカロチンにビタミン、食物繊維がたくさんのレタスの旬は11月~2月です。

レタス

バリバリと生で食べても美味しいレタスですが、熱を入れてしんなりさせると違う美味しさが発見できます。カサも減って生食よりたくさん食べられます。調理の仕方次第では1玉まるまる食べられそうな【温レタス】のご紹介です。

レタスとささみのサラダ

レタスとささみのサラダ

食物繊維+たんぱく質のダイエット中でもモリモリ食べられるメニューです。

材料(2人分)

  • レタス:1/4玉
  • ささみ:2本
  • 鶏ガラスープの素:小さじ1/2

作り方

  1. ささみのすじを取って酒:大さじ1を回しかける。
  2. 沸騰した鍋にささみを入れる。
  3. 再沸騰してから2分したら上下をかえて、さらに2分ゆでる。
  4. 合計4分ゆでたら、火を止めて4分放置する。
  5. ささみが冷めたらちぎってボウルに入れる。
  6. 同じ鍋でレタスをゆでる。
  7. 好みのやわらかさで引き上げ、ささみの入ったボウルに入れる。
  8. 仕上げに鶏ガラスープの素で味をつける。

レタスのカニあんかけ

レタスのカニあんかけ

コーンとカニカマを使って彩りよく仕上げました。

材料(2人分)

  • レタス:1/4玉
  • カニカマ:1パック
  • コーン:100g

作り方

  1. レタスは耐熱容器に入れて電子レンジで加熱する。
  2. カニカマとコーンをコーンの汁を使ってフライパンで火を通す。
  3. 軽く塩コショウする。
  4. 水溶き片栗粉を入れとろみをつける。
  5. レタスを皿に盛り、あんかけをかける。

豚肉のマーマレード煮

豚肉のマーマレード煮

スペアリブを煮込むのにマーマレードを使いますが、その簡単バージョンです。レタスは炒めた豚肉の熱でしんなりさせます。

材料(4人分)

  • レタス:1/2玉
  • 豚こま切れ:300g
  • ピーマン:4個
  • 玉ねぎ:1個
  • しめじ:1パック
  • にんにく:1かけ

調味料

  • マーマレード:大さじ2
  • しょう油:大さじ2

作り方

  1. レタスはちぎって皿に敷いておく。
  2. ピーマンは細切り、玉ねぎは繊維に沿って薄切りにする。
  3. にんにくは包丁の腹でたたいてつぶす。
  4. フライパンにサラダ油(小1)とにんにくを入れて中火にかける。
  5. にんにくの香りが油に移ったら豚肉を炒める。
  6. 両面に焼き色がついたらいったん取り出す。
  7. 続いて、玉ねぎ、しめじ、ピーマンを炒める。
  8. 野菜に火が入ったら豚肉を戻して調味料をからめる。
  9. 全体に調味料が馴染んだらレタスの上に盛りつける。

レタスはフライパンで軽く加熱しても美味しく仕上がります。

まとめ

  • レタスはβ-カロテンや食物繊維が豊富である。
  • 加熱するとたくさん食べられる。
  • 包丁を使うと切り口が変色しやすい。
  • 加熱する場合でも水にさらせば苦味が少なくなる。
  • ぶっちゃげ、カップラーメンに入れてもいいと思う。

スポンサーリンク