ニギス,セロリ,大根,油揚げを使った簡単で手軽な節約おつまみ

2019年3月30日

スポンサーリンク

節約でしかも簡単!手軽に作れるおつまみのご紹介です。今回の素材は、ニギス、セロリ、大根、油揚げです。簡単に作れても彩りには気を使いましょう。お金は節約しても愛情はケチらずに。

ニギス

ニギス


漢字で書くと【似鱚】、キスに姿形が似ているところから【ニギス】と名が付いたようです。日本海及び福島県以南の太平洋沿岸でとれるようで、残念ながらわが街広島のある瀬戸内海にはいないようです。

キスに比べて目がギョロリと大きいですが、身の白さは良く似ています。見た目で塩焼きとか天ぷらが美味しそうなところも似ていますね。瀬戸内出身なので伊達にキスは食べてませんよ~!

お店で買ったのは【若干し】というもの。天ぷらやフライが美味しいと商品説明にありましたが、まずは焼き物で。若干しとは、一夜干しとほぼ同じです。軽く水分を抜いて塩水に浸したものです。

ニギス

程よい塩気と淡泊な身にバランスが良いですね。そこへ焼酎を入れると潮の香りが漂ってくる感じです。焼き物だと頭や中骨までは食べられないですが、天ぷらやフライだと丸ごと食べられそうです。面倒じゃなかったらぜひ!

丸ごとカルシウム!

セロリとちくわのサラダ

セロリとちくわのサラダ

切って和えるだけ!

相性云々ではありません(笑)まさに【ザ・残り物】ちくわはハムや魚肉ソーセージなどでもいいでしょう。塩コショウとマヨネーズで味付けするだけの簡単おつまみです。

食感はシャキッとグニュッと!アンバランスさも面白いところです。【火を使わない】ってところが最高レベルですね!色がさびしいと思ったらニンジンの塩もみかプチトマトを添えると彩りが良いです。

大根と油揚げの煮物

大根と油揚げの煮物

おふくろの味!ってところでしょうか。

ひと言で表現するなら【安心のおつまみ】大きく失敗することもないし、気持ちもやわらぎます。焼酎に限らず、どのお酒でも相性が良さそうです。

煮込むだけの簡単おつまみですが、ほんの少し手間をかけましょう。大根には隠し包丁を、油揚げは油抜きを忘れないで。

画像の左下の大根、よく見ると濃い線が見えると思います。これは、隠し包丁にダシが染み込んでいるせいなんです。短い煮込み時間でも味が染みやすくなるのです。油揚げも油抜きをすると味が染み込みやすくなるので、面倒がらずやってくださいね。

小松菜、春菊など緑の野菜を入れて彩りアップです!

まとめ

  • ニギスは瀬戸内海にはいない。
  • ニギスは天ぷらかフライなら丸ごと食べられる。
  • 火を使わないおつまみほど簡単なものはない。
  • 簡単といえど彩りは大切である。
  • 大根の煮物には隠し包丁が必須である。
  • 油揚げの油抜きは欠かさない。

スポンサーリンク