憧れのパラパラチャーハンは中華鍋で作ると絶対に失敗しない!

2019年8月16日

スポンサーリンク

いらっしゃいませ!本格焼酎フリークの料理メモへようこそ!

ゆっくりしていってね!シロウ(@freakmemo460)です。

チャーハンは美味しいよね!炊飯器にごはんが残ってたらチャーハン作るかっ!ってなります。

手軽でかんたんにできるチャーハンですが,意外と調理がむずかしいものです。パラパラにならない/べちゃべちゃになる,そんな悩みを持っている人も多いですよね。

でも,中華鍋があれば万事OK!憧れのパラパラチャーハンにチャレンジだ!

基本のチャーハン

おいしいチャーハンを作る秘密は中華鍋の形状にあった。

中華鍋

どこにでもあるような鉄製の中華鍋です。いつ買ったのかも覚えていないくらい古いものです。

中華鍋(底)

横から見ると底が完全な平らでないことが分かります。ここがおいしくつくるポイントなんです。

中華鍋(油)

油を敷くと中心にきっちり収まってます。

チャーハンを作る工程で具材が中心に集めやすく,火も均等に入るから美味しくできるのです!

基本のチャーハン

わが家の基本のチャーハンをご紹介します。

材料(1人分)

基本のチャーハン(材料)
  • ごはん:茶碗1~1.5杯(軽く温めておく。)
  • たまご:1個(ボウルに割りほぐす。)
  • ロースハム:2枚(1.5~2mm角程度に切る。)
  • 白ねぎ:10cmくらい(細いものなら1/2本くらい) (みじん切りにする。)
  • 塩こしょう/あじしお:適量(お好きな具合で)

コレだけです!かなりシンプルです(笑)

作り方

1.中華鍋にサラダ油を入れて強火にかけます。

2.鍋肌から煙が上がってきたら割りほぐしておいたたまごを入れます。

基本のチャーハン(たまご)

3.たまごの上にごはんを乗せます。

基本のチャーハン(ごはん)

4.たまごとごはんを合わせながら切るように炒める。

基本のチャーハン(切るように炒める)
ごはんが温かいとほぐれやすい

5.ロースハムを入れます。(軽く塩こしょうする。)

基本のチャーハン(ロースハム)

6.白ねぎを入れます。(あじしおをふる。)

基本のチャーハン(白ねぎ)

ごはんを少しよけて中心部で白ねぎのみを炒めます。香りが出たら全体と合わせます。

6.ボウルに残ったたまごも無駄なく使う!

きっちり使おう!

6.できあがり!

基本のチャーハン(完成)

基本をアレンジ!

高菜チャーハン

高菜チャーハン

青ねぎチャーハン

青ねぎチャーハン

ピーマンやゴーヤーも美味しい!

ピーマンやゴーヤーは白ねぎのように炒めると生臭さが抜けます。

まとめ

美味しいパラパラチャーハンを作るポイントは3つ!

  • 中華鍋を使う。
  • ごはんは温めておく。
  • 材料はボウルに準備しておく。

これで免許皆伝のチャーハンマスター!

IH対応なら

スポンサーリンク