照り焼きは日本人好みの甘辛しょうゆ味。焼酎とよく合う。

2019年3月30日

スポンサーリンク

しょう油、酒(または、みりん)、砂糖をあわせたタレで【照り】をつける。日本人が最も好む味付けではないでしょうか?白いご飯が何杯でも食べられますよねっ!?(笑

そんな、日本人のアルカディア的味付けは本格焼酎にピッタリなんです!口の中の脂っこさや甘ったるさをサッパリさせてくれますから、料理をいつまでも美味しく食べることができます。

本日の焼酎の【おとも】は、日本人が大好きな甘辛しょう油味の三品です!

  • れんこんバーグ(つくね)
  • 鶏の照り焼き
  • 鶏じゃが
メニュー

レンコンバーグ(つくね)

れんこんバーグ(つくね)

鶏ミンチとレンコンでヘルシー

赤ちゃんの離乳食としても使われる鶏ミンチは、体にとっても優しい食材です。消化も良く病み上がりの体力回復にもってこいのタンパク源です。脂質は豚や牛の約半分ですので、ダイエット中でも安して食べられますね。

レンコンにはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、アトピーや花粉症などのアレルギーも改善の効果があるそうです。また、ポリフェノール効果により「血液サラサラ」、食物繊維で便秘とサヨナラです。

良いことづくめのレンコン!

イエイ


photo credit: Elisabeth Audrey via photopin cc

レンコンバーグ(つくね)の作り方

  1. 鶏ひき肉と同量程度のレンコンをすりおろします。

(レンコン10cmで100gくらい)

  1. すりおろしたレンコンの水気を軽く切って、ボウルで粘りが出るまで鶏ひき肉と良く混ぜる。

(このとき、塩コショウ、酒:大さじ1、片栗粉:大さじ1を入れる。)

  1. 好みの大きさに成形し、フライパンで焼く。
  2. 火が通ったらタレをからめる。

(【タレ】しょう油:大さじ2、みりん:大さじ2、砂糖:大さじ1/2)

鶏の照り焼き

鶏の照り焼き

脂が気になりますが、やはりもも肉が美味しい。

鶏の照り焼きは、仕上がりがジューシーでコクのあるモモ肉が美味しいですね。程よく焼き色のついた皮目も食欲をそそります。ごはんのおかずだけじゃなく、キャベツの千切りといっしょに、パンにはさんでもGood!

鶏の照り焼きの作り方

  1. 鶏もも肉の身の厚い部分に包丁を入れ厚みを均等にする。
  2. 酒:大さじ2を回しかけ、そのまま10分おいておく。
  3. 水気をふき取り、フライパンで皮目から焼く。
  4. 皮目がこんがり焼けたら、上下を変えて身の部分を焼く。
  5. 両面を交互に焼き、全体に火が通ったらタレを回し入れる。
  6. タレが煮立ったら弱火にし、とろみがついたら火を止める。
  7. そぎ切りにして皿に盛って、残ったタレをかけて完成!

(【タレ】しょう油:大さじ2、みりん:大さじ1、砂糖:大さじ1)

タレを回しいれるとき、フライパンをコンロからおろすか、火を止めておくと、飛び散りにくくなります。

鶏じゃが

鶏じゃが

肉じゃがのアレンジです。

鶏肉を使った肉じゃがです。牛肉は単価が高いので、肉のボリュームを出したいときにいいかもしれません。もちろん、豚肉でもOK!【肉】じゃがには変わりありません!(笑

鶏じゃがの作り方

  1. 鶏肉は一口大、玉ねぎはくし切り、にんじんとじゃがいもは乱切りにする。
  2. 鍋でサラダ油を熱し、鶏肉を炒め、砂糖、しょう油、酒を入れる。
  3. 玉ねぎ、にんじん、じゃがいもをいっしょに入れて、中火でふたをして約20分煮込む。

味付けは、すきやきの割り下より、やや濃いめの味にします。(しょう油:大さじ3、砂糖:大さじ2、酒:大さじ1)煮込むときは、ときどき底から良くかき混ぜてください。お好みで、いんげんやきぬさやなどをどうぞ。グリーンピースでも!

いかがでしたでしょうか??この手の料理は冷めても美味しいのでお弁当にも最適です。

でも、一番合うのは焼酎です!

本日の焼酎

スポンサーリンク