インフルエンザを吹き飛ばせ!ほうれん草で強い体を作ろう!

2019年3月30日

スポンサーリンク

ほうれんそう草にも花言葉があるってご存知でしたか?それは健康活力、そのものズバリですね(笑)後から付けたんじゃ??って思うほどです。

ほうれん草はβ-カロテンやビタミンCが多く、鉄分やカルシウムのミネラルが豊富な緑黄色野菜の王様です。免疫力を高めたり、造血作用を促進させたりするとても優秀な野菜です。

本日の主役は【ほうれん草】です。

ほうれん草

シュウ酸

緑黄色野菜の王様にも弱点がありました。ほうれん草の灰汁(アク)には、結石の原因ともいわれている【シュウ酸】を含んでいますので、たくさん食べれば良いっていう訳にもいきません。でも、アクはゆでて水洗いすれば取ることができるので、生で調理するより一度ゆでた方が賢明です。

ほうれん草アラカルト

ほうれん草とツナの炒め物

ほうれん草とツナ缶

お酒のおつまみにも良いし、ごはんにもバッチリですね。ツナの塩味を生かして仕上げはコショウのみにするのが美味しく作るポイントです。ほうれん草はアクが強いので炒める前に軽くゆでることをおすすめします。

ポイントを表現する女性

生のままでも良いですがゆでて、しんなりさせた方が炒めるときにフライパンからはみ出る心配もないので、ここはひと手間かけましょう!

ほうれん草とソーセージの炒め物

ほうれん草とソーセージ

サラダ油の代わりにバターを使うとコクが出て美味しさアップです!

仕上げにしょう油を「ジュワっ」とさせると香ばしくなります。【バターしょう油】という黄金の組み合わせで、おつまみだけじゃなくパスタにあえるのもGoodです。ソーセージをベーコンにしてもOK!

ほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたし

ゆでて浸(ひたす)だけでできちゃいます!浸す場合は、ダシ汁(おひたしの汁)につけるのが一番ですが、面倒な場合はゆでたものにかつお節をかけて、ポン酢やしょう油で食べても美味しいです!

押さえたいのはゆで方!

美味しくゆでるコツは、硬い茎の部分と柔らかい葉の部分を時間差でゆでること!沸騰したお湯にひとつまみの塩を入れ完全に沸いている状態で茎の部分を30秒ゆでます。そして、葉の部分を完全につけてから再沸騰したら引き上げます。

全体の所要時間は1分30秒ってところですね。(茎:30秒、その後、全部をつけて1分弱)甘~い、茎の根元までしっかりいただきましょう!

合言葉は健康と活力

免疫力を高めよう!

インフルエンザやノロウイルスが流行っています。感染を防ぐには、うがい・手洗いをしっかりすることが必要だと思いますが、ほうれん草のような栄養のある食べ物で、菌に負けない強い体を作ることも大事なことですよね!

ほうれん草には動脈硬化を予防する効果があります。焼酎にも動脈硬化の原因とされる血栓と呼ばれる血の塊を溶かす効果が高いとされています。

ほうれん草をしっかり採って、焼酎をほどほどに飲んで(笑)、花言葉のように活力みなぎる健康な体を目指しましょう!でも、

アクはちゃんと抜いてね!

本日の焼酎

スポンサーリンク