手羽先のから揚げの理想は皮パリパリ中ジューシー!

2019年3月29日

スポンサーリンク

甘辛ダレのから揚げはクセになる美味しさがあるけど、【飽きのこない変わらない味】となると、塩こしょうのみで軽く粉をつけて素揚げに近いのが一番かな!安定した美味しさがあります。

本日のメインは【手羽先のから揚げ】です。

手羽先のから揚げ

美味しいから揚げ

皮はパリパリ、中はジューシー!

これが鉄則です。でも、難しいんですよね(笑)素揚げに近いと普通に揚げただけでは白っぽくて見た目が美味しそうにありません。時間をかけると色はつきますが、油を余分に吸ってしまうので考えものです。

二度揚げ

揚げ始めは高温で色をつけ、途中休ませて余熱で火を通し仕上げにもう一度高温で揚げる、こうすると皮はパリパリ、中はジューシー、そして見た目もこんがりきつね色した理想の手羽唐のできあがりです!

揚げ方

  1. 180度の油で3分揚げる。
  2. 引き上げて3分休ませる。
  3. もう一度、180度の油で2分揚げる。

1番、3番の手順のとき、油につかったままにせず、ときどき菜箸でつまみ上げて空気にふれさせるとカラリと上がります。これであなたも手羽唐名人!

正直、もうちょっと色を付けたかったかも。後半の手羽先は美味くいきましたが、手がベトベトで写真が撮れませんでした(笑)でも、このときよりは美味く上がりました。
イトヨリってこんなに安かったっけ?煮魚と合せたいメニュー

本日のサイドメニュー

あさりの三つ葉玉子とじ

アサリの三つ葉玉子とじ

あさりのエキスと玉子で閉じ込めます。香りも食感も良い三つ葉をアクセントに添えます。酒飲みにはあさりのエキスがありがたい(笑)でも、お酒を飲まなくても五臓六腑にしみわたる味わいです。

セロリの中華風炒め

セロリの中華風炒め

セロリ、ピーマン、ちくわをごま油で炒めます。味付けはしょう油をひと差し。どの食材もしっかり火が通ってなくても大丈夫!むしろ固めの方がシャキシャキして美味しいです!冷蔵庫整理にどうぞ(笑)

炊き込みごはん

炊き込みごはん

ここでも三つ葉が大活躍!正月になると、庶民の足元を見るようにめっちゃ高くなりますけどねぇ、なんとかならないもんかしら?水耕栽培なら育てられるかも?(笑)

最後はダシのきいた炊き込みごはんのアップで!

炊き込みごはん

ダシがきいてると冷めても美味いまんまです!

スポンサーリンク