広島の夏はつけ麺じゃ!くじらのボトルでいただくよ!

2019年6月21日

スポンサーリンク

つけ麺(2019)

先週,広島では夏の到来を告げるお祭り【とうかさん】がありました。浴衣の着初めとして地元ではおなじみです。今年のトレンドカラーはグリーンなんだって!

わが家では夏が来たら【つけ麺】なのよ。

つけ麺

もう【広島風】とは言いません!(笑)お好み焼きといっしょだね。

具材はこれ!

つけ麺(2019)
  • チャーシュー(もちろん作る!)
  • 中華麺
  • ゆでキャベツ(できれば冷蔵庫で冷やす)
  • キュウリ
  • トマト
  • 白髪ねぎ(必須!)
  • すりごま(必須!)
  • ゆで卵(たくさん作って煮汁で味玉にしよう!)
  • からみ(各自調整)
チャーシュー

メイン皿です。チャーシューの煮汁を調整してつけ汁を作ります。ももだったので少々かため,ロースが安く買えるといいんじゃけどね(笑)

包丁を研いだばかりだったので,割りと上手く切れました。

薬味

麺やつけ汁のおいしさはもちろんですが,薬味を多くそろえるといろんな味が楽しめます。面倒ですけど用意しておきたいものです。

薬味

中でも必須レベルは白髪ねぎとすりごま。マストといっても良いです。

辛味は2種類用意しました。豆板醤を炒めたものと,ごま油で鷹の爪を炒めたもの。アクセントにとてもいいです。ゆでキャベツにつけて食べても美味しいですよ!

味玉

ゆで卵は食べる分より少し多めに準備してチャーシューの煮汁で味玉を作りましょ!

味玉

あんまり染みてないけど(笑)

いただきます!

つけ汁の器にたっぷりとすりごまを入れましょう!

すりごま

お好きな具材を入れて,,,というか全部入れ(笑)

つけ麺(2019)

くじらのボトル

本日の焼酎は【くじらのボトル】です。ネーミングもラベルもイカスでしょ!

くじらのボトル
くじらのボトル(テイストマップ)
くじらのボトル

とても口当たりがやわらかく,芋焼酎独特の香りは控えめです。ロックにするとさらに抑えられます。白麹なのでスッキリと飲めるのに,しっかりと黒麹のようなコクも感じます。これは非常にクオリティが高い!

芋焼酎らしくないのですが,芋派も認める美味しさがあります。ベテランと初心者がいっしょに語りながら飲めそうな一本ですね!

こりゃ,ええわ!

スポンサーリンク