広島つけ麺っ!美味しさの秘密はつけダレの【お酢】です。

2019年3月30日

スポンサーリンク

広島のつけ麺は、中華麺に焼豚(チャーシュー)に、キャベツ、もやし、きゅうりなどといっしょにつけダレで食べます。つけダレはしょう油が基本で酢を少しと好みの辛み、白ゴマを入れます。

本日のメインは【つけ麺】です。

広島つけ麺


これがわが家の広島つけ麺!野菜がたくさん食べられます。暑い季節には野菜はしっかり冷やしておくと美味さ倍増です。!お好み焼きとともに広島を代表する美味しさです!

お好み焼きの焼き方が知りたい方はこちらからどうぞ。
家でも作れるプロ級のお好み焼き!生粋の広島人が焼き方を伝授します。

焼豚を作ろう。

材料

  • 豚肉のブロック:500~600g
  • ねぎ(青いところ):2本分くらい
  • しょうが:2かけ
  • にんにく:2かけ
豚(ブロック)

今回は【もも肉】を使いましたが、ほど良いやわらかさを求めるならロースが良いです。バラ肉はトロトロになって形が崩れやすいです。もも肉は固くなりますが脂は少なめです。

焼豚(薬味)

ねぎの青い部分は冷凍しておくと、こういうときに役立ちます!から揚げのときの下味にも使えて、とっても便利ですよ。

ポイントを表現する女性

たこ糸でしばる。

豚ブロック(たこ糸)

ブロック肉に塩をすりこんでたこ糸でしばります。型崩れしないので必須の工程です、美味しく仕上げるためにも必ず用意しましょう。たこ糸を使ったブロック肉のしばり方は、こちらのサイトがわかりやすいです。
ブロック肉のしばり方

塩もみをしているので、たこ糸を巻き終わるころになると水分が出てきます。キッチンペーパーなどでしっかりふき取ります。

焼豚(水分)

表面を焼く。

中火で熱した鍋かフライパンで肉の表面を焼き固めます。旨味を閉じ込め香ばしさを出します。全体にしっかりと焼き色がつくように焼きます。このとき、トングがあると超便利!

豚肉(表面焼き)
[amazonjs asin=”B000CS7FB2″ locale=”JP” title=”パール金属 リビンクリップ ナイロンクッキングトング 25.5cm C-285″]

豚肉をゆでる・煮る。

ブロック肉をいったん取り出し、お湯を沸かします。鍋が熱いうちに水を入れると飛び散って危険ですので注意してください。お湯が沸いたら、肉とねぎ・しょうが、にんいくをいっしょに入れます。

しょうがはスライス、にんにくは包丁でたたいて割ってください。アクをとりながらゆでて、出てこなくなったらダシの調味料を入れます。

調味料

  • 醤油:100cc
  • 日本酒:100cc
  • はちみつ:大さじ2
  • お湯の目安は500~600cc程度
焼豚(ゆでる)

ゆでるときは、かぶるくらいのお湯!お湯から出ていると、その部分だけパサパサになるので完全につかるようにしてください。

中火で1時間くらい煮込んでできあがりです。火を止めたら蓋をしてそのまま冷まします。

焼豚(完成)

野菜と麺を準備する。

焼豚をさましている間にキャベツ、もやしをゆでて、きゅうりの千切りを用意します。暑い季節は野菜を冷蔵庫で冷やしておくと、より一層おいしいですよ!

焼豚をスライスして、野菜と麺を大皿に乗せたら盛りつけ完了です!

つけダレを作ろう。

広島のつけ麺はタレにもこだわっています。

お酢

ブロック肉の煮汁をそのままつけダレとして食べても十分おいしいですが、お酢を入れるとほど良いアクセントになります。それにラー油やとうがらしの辛味が入るところが広島流です。

煮汁:300ccに対し、

  • お酢:大さじ2
  • しょう油:大さじ2

を加えます。すった白ゴマをたっぷり入れて、いただきます!

つけ麺(小)

焼豚+広島つけダレ+焼酎=最高ですね!

もも肉なので少し固いのが難点ですが、これはこれで食べ応えがあって美味しいです。肉や薬味の旨味が染み込んだダシとの相性もばっちりですよ!

残りの煮汁はラーメンで

ラーメン

残った煮汁はフリーザーパックで冷凍しておきラーメンで楽しみましょう!味の濃さは水でうすめて調整してください。

本日の焼酎

スポンサーリンク