大人が楽しむバレンタイン!チョコレートと焼酎が生んだ最高のマリアージュ。

2019年3月30日

スポンサーリンク

ウイスキーやブランデーのおつまみにチョコレートを添えると良く合うってのは定番ですが、焼酎とチョコレートの相性ってどんなもんでしょ?興味津々の管理人です。ウイスキーと同じ蒸留酒なので、間違いなく絶対に合う!と思うのです。(笑)

本日のメインは【チョコレート】です。

チョコレート

明治さんのブラックチョコレートをかじりながら、白金乃露(芋焼酎:白麹:25度:)をストレートで飲んだのですが、マジヤバイっ!ですね。焼酎のおつまみには、和食の家庭料理ばかりが思い浮かびますが、これには、ヤ・ラ・レ・タ!って感じです。本当に飲み過ぎ注意のレベルです。【一飲】の価値ありです、ぜひお試しを!

蒸留酒はクリアな味わい

蒸留酒って個性はそれぞれありますが、基本的に【クリア】な味です。蒸留して不純物などを取り除き長期熟成させて、落ち着かせることによって雑味の少ないお酒に仕上がります(しかし、芋焼酎は期間が短め)。

チョコレート

焼酎とチョコレートを合せる。

樫の香りに合わせる。

チョコレートとウイスキーのマッチングは良く知られていますが、その理由の一つに【樫の香り】が挙げられると思います。チョコレートの香りと樫の香ばしさが相性バッチリなんです。

ウイスキーに近いフレーバーの麦焼酎は、カカオの高い香りと相性が良さそうです。とくに、樫樽で長期貯蔵・熟成された麦焼酎がチョコレートとの相性が良いでしょう。

ナッツ入りのチョコレートともばっちりです。

甘い香りに合せる。

ミルク系の甘い香りのチョコレートには、フルーティーな香りの黒糖焼酎が良いです。チョコレートを口の中で溶かしながら飲むのがおすすめです。焼酎とチョコを口の中でブレンドする感じです。

れんと、里の曙といった軽やかな黒糖焼酎よりも、朝日、長雲といったどっしりとした重量感のあるものが良いでしょう。弥生もいい!黒糖の甘さとチョコの甘さのハーモニーが楽しめます。

カカオ含有量に合せる。

やわらかい甘さの芋焼酎には、カカオ含有量が高く濃厚感とコクのある【ビターチョコレート】がおすすめ!芋の甘さとカカオの苦さのバランスが抜群です。甘さ・苦さをお互いが引き立て合います。

ビター系のチョコレートには、白麹仕立てのすっきりした甘さの焼酎が合います。軽やかな感じの白麹にチョコレートのコクを加えることで焼酎に深みを持たせてくれます。

チョコレートで焼酎を飲む。

板チョコなど

板チョコやひと口サイズのチョコレートは、冷蔵庫でキンキンに冷やして室温の【生(ストレート)】でいただくのが美味しい飲み方!チョコレートを少しずつかじりながら、ちびりちびり飲むのが乙です。

別々に口に入れてもいいし、口の中で合せてもOK!そこは飲み比べて感じ取ってください。

生チョコやトリュフ

生チョコやトリュフなどのしっとりしたチョコレート菓子で焼酎を飲むときは、キリリと冷やしたロックがおすすめ!チョコレートの風味を楽しむために、焼酎の香りはやや控えめの方が良いからです。

オレンジピールをチョコレートでコーティングしたオランジェットやチョコレートケーキなどもロックが合います。

まとめ

焼酎ボンボン

ウイスキーの入ったチョコレート【ウイスキーボンボン】があるくらいなので、焼酎入りのチョコレート【焼酎ボンボン】もあるのでは??と思ったら、やっぱりありました!

自由に楽しみましょう!

「チョコレートに焼酎なんて、、、」というような固定観念は捨てて、とにかくいろいろ試してみることが面白いのではないでしょうか?美味しい飲み方が発見できます!好奇心と想像力で、大人ならではの楽しみ方を探してみませんか?良いバレンタインを!

スポンサーリンク